ブライダルエステ 部位

ブライダルエステで一番対策すべき部位とは?

ブライダルエステはドレスを着た花嫁を最も美しく見えるようにケアするためのものです。肌の露出が多いウエディングドレスを着こなすため、対策する部位は悩みによって様々です。
その中でも、一番対策すべき部位はどこでしょうか。

 

挙式ではヴァージンロードを歩く姿が注目され、披露宴では接近してゲストをおもてなし。花嫁は常にたくさんのゲストから注目を集める存在です。普段露出しない部分をおろそかにしないようにしましょう。
対策部位ベスト3を挙げるなら、1.背中、2.フェイシャル、3.二の腕、になります。
やはり背中はヴァージンロードを歩くときにゲストの視線が集中するため、ムダ毛やニキビ跡などをケアする人が圧倒的です。ドレスから背中や脇のお肉がはみ出ていたり、日焼け跡やシミがあったりすると残念ですね。背中は自分からは見えないけれど、ドレスによっては露出する範囲も広いのできちんとお店でケアしましょう。

 

フェイシャルはどの花嫁も意識する部位ですね。シェービングはもちろん、美白や保湿、毛穴のケアなどの施術が人気です。特に披露宴ではゲストと至近距離で接する機会も多いので、念入りにケアする人も多いかと思います。
また、花嫁が顔のケアに気を取られていて意外とおろそかになりがちなのが、二の腕や脇のケアです。どんなドレスも二の腕は目立つものが多く、ゲストはしっかりチェックしています。たるんだ二の腕や脇のムダ毛などはしっかりと気を配ってお手入れしたいですね。

 

ブライダルエステ専門のヴァン・ベールでは、気になる部位でエステプランを選ぶことができます。先ほど挙げた部位以外でも、お腹やウエスト、ひじ、腕〜指先など、ドレスを着たときに輝けるための細かなプランが用意されています。気になる部分を特化して、オーダーメイド感覚でエステを体験できるのでお勧めです。
お肌の悩みがあったり、余分なお肉を何とかしたいといった悩みは、できるだけ早めのケアが威力を発揮します。自分の悩みに合わせて選びましょう。

 

一生に一度のウエディングドレス姿ですから、全身をぴかぴかに磨いて万全のケアで臨みたいですね。